SATOエステート

文字サイズ

空き家対策賃貸・売却など総合的な判断をサポートします。

将来を見据えた判断

イメージ画像

相続した家(実家)が遠くて管理できない
◆お金をかけてリフォームしても、住む人がいるだろうか?
◆家が古いので、固定資産税が安いので、そのままにしておいてもよいのだろうか?

放置すると所有者が重過失を問われる可能性があります
もしも、空家が火事になったら・・・火災保険に入っていなかったら莫大な費用が所有者に課せられる可能性があります。
もしも、植木が成長して大木になったら・・・伐採費用は少なくても10万円以上 運び出しにクレーン等が必要になれば100万円単位かかります。
又、雪深いところであれば、冬季の雪下ろしの手配もしておかなければなりません。

将来を見据え、空家をどうするのか考えなければなりません。
思い出深い場所であるからこそ、真剣に向き合い改善していかなければならない問題です。

空き家について(思い出の詰まった家)

イメージ画像

土地にかかる固定資産税が最大6倍に!
◆「空家等対策特別措置法」では、所有者の義務である空家の適正管理を所有者に対して、市町村が行政指導(助言・指導・勧告)をしています。
◆所有者が勧告を無視し、適正管理を怠った場合は、土地にかかる固定資産税の優遇措置がされなくなり、税金が最大で6倍になってしまう可能性があります。
◆思い出のある家が負の財産にならないよう、より良い方向へ導くお手伝いをさせていただいています。

物件の査定・ご相談は無料です。お問合せ下さい。024-905-6826

<< 前のページに戻る